カテゴリー
フリーエリア
バーコード
information & postscript
http://savon.en-grey.com/

眠り姫ラム子さん、ようやくお目覚めのようです。



今回は5000字足らずのちょいと短い内容になってしまいました、スミマセン。
んでもって、某所でラムさんが言ってました、
「アイメイク落とさずに寝ると翌朝こうなります」的なw、
アレを覚えておいでの方いらっさいますかね?
SさまBさまあたりおぼろげに覚えておいでかもしれませんがw
アレはこういうことだったんでございます、ええw
しかしラムさん、ほんと色々やらかしてますねえ。
んで、今回のタイトルですが、副題は反語のようになってます。
ルールを破っちゃった→ルールなんてもんは破るためにあるんだよ、的なw
使った写真のイメージは、朝食の描写でコーヒーが出てきたからというのもありますが、コーヒーのシミ→ショーンの心の中にあるシミ、的なイメージにも思えたので、これをチョイスしました。


そして今回は、もう少し軽いノリの場面を書くつもりだったんですが、書き進めるうちにショーンさんが何だか昔のこと思い出しちゃったみたいで、気付けばちょっと重い感じになってしまいました。
彼は何ていうか・・・一見遊び人を気取ってますけど、根はマジメでピュアな青年なんだと思うんですよね。
一体何があって彼をこんなふうにしてしまったのでしょうか。
・・・っていう部分はもう少し先になるので、すみませんがしばしお待ちを。
あと、昔の「彼女」が「起きてちょうだい」と彼を起こす場面を読んで「ん?これってどこかで見たような」とお思いになられた方、いらっさいますかね?w
気付かれた方はおそらく3000年の時空を旅したことがある方だと推測しますw



ところで、今回はそのショーンさんの部屋の造りの描写がありましたが、
キャラを設定していく中で「どんな部屋に住んでるのか」ってところまで作者は頭の中で思い描くものです。
ワタクシが彼の部屋を思い描く上で真っ先に浮かんだ部屋、それが、
ドラマ「Sex and the city」に出てくる主人公キャリーの部屋でして。
何であの部屋が浮かんだのかわかんないんだけど、恐らくはあのアパートの外観に使われていた建物がショーンの住むウエストヴィレッジにあったから、ではないかな、と。




コチラがそのアパートの外観。ウエストヴィレッジにあります。
ショーンさんちも同じように外に階段があるアパートの設定。
NYのアパートメントはこういう造りが多いみたいですね。
(ラムさんちもミシェ子さんちも同じように外階段がある設定です)




ちょっとあの文章では部屋の中を想像しにくいかな、と思うので、
キャリーのアパートの中の画像を貼っておきます。




で、上のキャリーの部屋をショーンの部屋のレイアウトに直したやつがコチラ↓
上の青い寝椅子が消え、大きな茶色のソファーと、あとキッチンにテーブルを
描き足してあります。


左下の赤い矢印↑、ここが玄関で、玄関入ってすぐ右にドアがあり、
このドアを開けるとバスルームになっています。
そしてバスルームにあるもう一つのドアを開けるとそこがクローゼット↓。

ベッド側から見たキャリーのクローゼットとバスルーム。




更にラムカさんが目覚めてからの一連の動線を書き足してみますw ↓



ベッドからキッチン側へ移動①→玄関横のドアからバスルームに移動②→
バスルームからもうひとつのドアを開いて③、このクローゼットを抜け④
そしてベッドまでぐるり、と一周した、ということになるわけです。
お解りいただけたでしょうかね。
彼は決してキャリーみたいなファッション・アディクトではないはずだし、
こんな大きなクローゼットじゃきっとガラガラだろうなあ、と思ったので、
そこらへんラム子さんにツッコミ入れてもらいましたw




ちなみにSATCの主人公4人の部屋の中で私が一番好きなのがこのキャリーの部屋です。
他の3人と比べて散らかり気味で、意外と男っぽいんだよね、インテリアが。
グリーンの壁もそのままショーンの部屋のイメージです。
ベッドの配置もそのまま。
ちなみに今回の30話の背景の色は、この部屋の壁の色をイメージしてます。




ショーンの部屋は上の部屋の感じをもう少し男らしく、というか
もう少しインダストリアルな雰囲気足した感じの部屋をイメージしてます。


上↑の部屋に下↓の雰囲気足した感じと思ってくださればw
余計わかりにくいかなw













ただ、キャリーのアパートのキッチンは古臭い感じというか、
実家のオカンの台所、って雰囲気なんですよねw ↓





ショーンも賃貸だろうし、渋々このキッチンを使ってるのかなとも思いますが、
出来ればこんな感じにリフォームしていて欲しいw ↓




この写真↑みたいにジャン・プルーヴェの椅子を使ってて欲しいw






まあこんなふうにリフォームしてるキッチンってことにしといてくださいw



こんなふうにイメージに合う画像を探す旅に出るのが本当に楽しくて、
ついつい時間を忘れてしまうんですよね。
この先ショーンさんのアパートが出てくることが増えてくるかと思うので、
部屋の描写が出てきた時には先ほどの部屋のイラスト画像を参考にしてもらえれば、と思います。


さてさて、このお話でチャプター3:第3章もおしまい。
次回はいつものように、章の終わりの「後日談」ということになります。
色んなことがあった彼らの土曜日でしたが、ラムカさん&ショーンさんに続き、
翌日の日曜日のアレコレを次回覗き見 |д゚)してみたいと思います。
お楽しみにお待ちくださいまし。





・・・しかし土曜日一日を描くのに5話も費やしたなんて・・・orz・・・

しかもその5話に4年もかかったなんて・・・orz・・・


が・・・頑張ります・・・(´Д`;A)…
COMMENT
  
世良吉

2016-02-21(Sun)
14:42:51

EDIT
らむかちゃん、大変だったねえ(;´∀`)
こんにちは、お邪魔しまっす♪
おおお、続けての更新ありがとございます~(*´ω`*)
うひゃひゃ、こうも早く続きに拝ませていただけるとは大変に嬉しいですw
あじがとうございます~

今回は待望のラムカちゃんとショーンのシーンでしたねー。
予期もせず「彼」の部屋で目覚めてしまったラムカちゃん、確かに想像するとイロイロ大変ですよね…、ははは。
見せたくないこととかあるしさ。
パンダ目になっちゃったのはまあ御愛嬌っていうかw
朝ご飯までご馳走になってしまうのはラッキーだと思うけど、なかなかそこまでは思い至らないかなw
しかしおいしそうな朝ごはん、読んでて食べたくなっちゃいました。

対するショーンさん。
なかなか複雑な感情をお持ちなのですね。
過去はめっちゃ気になります。うーん、相当に手ヒドイものだったのかな、とかね。
しかし、ぱぱっと作ってくれるところは女性にさぞモテるだろうなあ。
ラムカちゃんも色々事情があるし、互いにそういう点を知りあえばもうちょっと関係も進歩するのかなーと思ったりしましたw

余談ですが、ターナーってのを初めて知ったワタクシでございました。
そうか、フライ返しのことそういうんですねww

ところで、アパートの写真や見取り図、面白かったです♪
てかキッチンが真ん中に近い位置にあるのが日本の住宅事情とは違うんだなーと興味深いです。
ラムカちゃん、ふらふらと一週ぐるっとしてしまったのかww
海外のおうち、特にインテリア関係は非常に憧れを覚える部分がありまして、
そう言う意味でも見れて良かったです(*´ω`*)
今回の壁紙の色は私も好み。
でも日本だとこの色の壁紙って見つからないような気がするなあ。

>5話に4年
ぶ、はははは(;´∀`)
ま、まあそのあたりはワタシも非常に耳が痛いですが、考えないようにしましょーよ、うん♪

ではでは、また次回お邪魔させてくださいね~(*´ω`*)

NORA

2016-02-21(Sun)
23:32:33

EDIT
いらっさいまし♪
やあやあ( ̄Д ̄)ノ パンダ目常習犯の管理人です。
ドモドモ、毎度駆けつけ三杯酢~ありがとうごぜえますだ(違・・・)
ここんとこ調子に乗って早めの更新続きですけど、読む方も大変ですよねw
でもそろそろ尽きてきた感もあるのですがw、次はいつになるかなあー?


>予期もせず「彼」の部屋で目覚めてしまったラムカちゃん
>見せたくないこととかあるし

んだねえw しかもしょんちゃんち、Studioタイプ(いわゆるワンルーム)だからさ、同じ空間に寝たわけで、当然いびきとか寝言とかやっちゃってたら聞かれたかもしれないしねえw
目覚めてさささーーーっと青ざめたと思いますよ。



>対するショーンさん
>相当に手ヒドイものだったのかな

どうなんでしょーねw よくある別れだったのかもしれないけど、実際の彼はピュアな人だと思うので、いつまでも引きずってるだけかもしんないw
早くここらへんの事情を出したいと思いつつ、なっかなかそこまで行けませんわい。
もうちっとお待ちくだせえまし、あい。



>ラムカちゃんも色々事情があるし、互いにそういう点を知りあえばもうちょっと関係も進歩するのかなーと思ったりしました

ん(ΦωΦ)フフフ…こりはいいアドバイスもらっちゃったのでわww なんちてw
あひゃひゃひゃ! 


>ターナーってのを初めて知ったワタクシでございました

マジっすか。そっか、世間ではフライ返しが浸透してるんだっけ。
Turn=返すってやつっすね。これも用語ページ入れといたほうがよいかもね。
ひっくり返すための道具なんですけど、木製だったりシリコン製だったり色んなタイプあるんで、しょんちゃんの使ったのはいわゆる穴の開いた日本のやつとは違うかもしれんけど。
クーパーズ・キッチン・セレクションを一度じっくりチェケラッチョしてみたいものですw



>アパートの写真や見取り図、面白かったです

苦労して探したので、そう言ってもらえて良かったっす♪
YouTubeなんかでSATC探してみてもらうともっとわかり易いかも。
ほんと、海外のインテリアって見てるだけでうっとりしますよねー。
その昔は高い洋書を買わないと見れなかったのが、最近はネットのおかげで色々と見れるようになってホント助かりますw


しかし、3章のタイトルまとめて見てて気付いたんだけど、
ほとんど金曜日から土曜日までの2日間で第3章が終わってしまった、っていうねwww
この章で3年のブランク挟んだのは痛かったっすねw
まあこの勢いを失わないようにこの先も頑張りまーす!


毎度毎度おいちいお米ちゃんを本当にどうもありがとう♪
大変励みになっておりんす♪
励みになってる割にすぐブランクきちゃうのがアレなんですけどもw
ミゲルにーさん萌えの勢いで(?)集中して頑張りマース!

See-Ya!


NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS
"NORA" WROTE ALL ARTICLES. / PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC. /