カテゴリー
フリーエリア
バーコード
information & postscript
http://savon.en-grey.com/


お待たせいたしました。今年1発目でございますよ~♪





前回の更新が2015/10/1、ということで、約4ヶ月ぶりということになりましょうか。
ここ最近のワタシとしては頑張ったほうじゃないでしょうかw
本当はもう少し早めに出せそうだったんですが、風邪っぴきになっちまいまして、
珍しくダウンして1週間以上も寝込んでしまいました。
病気自慢は本来好きじゃないんですが、まー奥さん、この風邪がひどいの何のって!
こんなにしんどくて大変な風邪は生まれて初めてでございました。
よその地方で同じ風邪が流行ってるかどうかはわかりませんが、皆様もくれぐれもお気を付けくださいね。


・・・っという管理人のどーでもいい病気自慢は置いといて。

今回のタイトル、「The truth is out there」というのを見て「懐かしい!」と思われた方、おそらくX-Fileのファンとお見受けしますがいかがでしょうか。
X-Fileのオープニングで毎回このキャプションがバーン!と出ていたので、覚えておられる方も多いでしょう。
「真実はそこにある」というニュアンスの言葉なんですが、
副題としては「心のそこ(底)にある」などと今回もちょいと遊んでおります。
ポール君の本心になぞらえて、のお遊びと言いますか。
厳密に言うと、それじゃ「out there」という英文では間違ってるんですけどね。
まあ深い意味はないんです。副題は毎回ただ言葉遊び的に楽しんでるだけなんでw


ところで作中のベティさんのセリフは作者の心を代弁しております。
カプチーノやラテって機械で淹れるものがほとんどだし、誰が作っても同じ味じゃん、って思う方もいらっしゃるかもしれませんが、
自称九州いちのカプチーノ好きとしましては決してそんなことはなくて、同じコーヒーショップでも作る人が違うと味も違います。
もっと言うと、同じ人が作ってくれても、使うコーヒーや湿度や集中力が違えば味も変わります。
わが町にとても素敵なお気に入りのコーヒーショップがありまして。
そこの店でも「彼のが一番美味しい!」って思えるお気に入りのバリスタ君がいるのですが(心の中で密かに「わが町のポール君」と呼んでいるw)、
彼以外の人間が淹れたカプチーノでは、やはり何か物足りないのです。
温度が低すぎたり高すぎたり、スチームミルクのキメが荒くてラテアートもぼんやりとして決まってなかったり、コーヒー部分が水っぽくて薄かったり。
わが町のポール君が淹れてくれるカプチーノは毎回ほぼ完璧で、スチームミルクのキメが本当に細やかなので、最後まで飲んでもラテアートがカップの底に残るんです。
この差は何なんだ、ってビックリしますよ、ほんと。
ぶっちゃけ、某王手カフェのラテより数段美味いです。香りが全然違います。
(某王手カフェは温度が熱すぎだしミルクのキメも荒いしコーヒーも薄い!w)
今回はそんなバリスタのスキルというか、それによって味が違ーう!ってことを主張したくて書いたお話なのでした。
ちなみにわが町のポール君は、スキンヘッドで、でもとても優しい雰囲気の男の子ですw
雑誌の「Elle a Table」のコーヒー特集にもチラッと載ったことのあるわが町自慢のコーヒーショップなので、ご紹介したいのはヤマヤマなんですが、自粛しておきますw


さてさて、今日も言い訳が長くなってしまいました。
ベティさんのインスタグラムのIDを探す旅にでも出るとしますかねw
見つけたらフォローしとかな!w



COMMENT
  
世良吉

2016-01-27(Wed)
21:15:33

EDIT
きゃあああ、ありがとうとざいます!
うきゃー、更新来てる! 
ってことで早速拝読しました、うわああ、ありがとうございます!

あっと、その前に、お体の方、今は落ち着かれたようで、何よりです。
はー、今回は少しお聞きしただけでも大変そうで。
そんな中アレコレうるさくしてホントごめんなさいね(;´Д`)まだまだ寒い日が続きそうなので、あったかくしてお過ごしくださいね~。


んで、はああ…(*´ω`*)、
ポール君とベティちゃん、お店でプチデートしたのねん(*'ω'*)。
いやあ、ポール君! やればできるじゃないか!って上から失礼します(;´Д`)
ああでも良かったねえ、二人のシーンを待ち望んでたので嬉しいです~。
会話、作業の様子、ほんわかとしつつ楽しそうで、読まさせてもらう方もでれんとなりましたww
ベティちゃん、ポール君に顔描いてもらったんだ、ええなあ♪
とりあえず、ゲイだっていう誤解も解けそうだし、ともかくちゃんと話せて良かったね…!
(ほんとこれに尽きる、と思いますw)
ちょこっとお互いにドキッとするような瞬間もあったし。
むむう、携帯が邪魔したのが残念でしたけども(あー、そっか、これはジェニーちゃんっすなww)
ポール君、改めて自分の心を見つめなおすきっかけができたね、うんうん。

>心の底では、答えが

うんうん、ならば実行するだけですぞ。なんて言ってみたりw。

後半のミシェ子さんとミゲル兄さんのシーンも大変に美味でした~ww
きゃー、ミゲル兄さん~って黄色い声上げてもよろしいですか。いやもう許可なく上げてますけどww
ほおお、ミシェ子さん、ちょっとテクニック使ったのね~、忘れ物ってそりゃいい手ですなあ。
ミゲル兄さんもあっさりとお見通しのようでございますが(さすが鋭いねw)。
今回の二人の会話を聞いて、むーん、ミゲル兄さんはひょっとして何か危ないお仕事なさってる的な雰囲気……?
ミシェ子さん、おいてかれちゃったし。
まだまだ謎多きお方ですのね~、うふふ(*´ω`*)

ところで、カプチーノのお話。
私もカプチーノは大好きですが、多分NORAちゃんほどではなくて、作り方も今一つ抑えてないです。
家で作る時は大抵インスタントだし、そらまあ適当にいれてるもんだから当たり前の結果で、まあアレですよwいい加減香りがなくなっちゃってるし( ;∀;)
温度やミルクのキメ、色々作用するんだね、と目か鱗になりました。
ちょっと家でも練習してみようかな…w
それにしてもポール君のカプチーノ飲みたい!ですww

ああ、またまたコーフンのあまり長々と書いてしまいました、ごめんなさい(;´Д`)
とても面白くて、楽しかったです~~。
ベティ子ちゃんのインスタグラム、見つけたら私にも教えてください~ww





NORA

2016-01-28(Thu)
16:20:23

EDIT
(´0ノ`*)ヲーッホッホッホ
これはこれは世良のおぜうさん、いらっさいまし。ドモ毎度あり~です。
NY行きのチケットをお受け取りくだすってあざます。
体調の件ではご心配をおかけいたしますた。おかげ様で無事に復活!でごぜえます。


>いやあ、ポール君! やればできるじゃないか!

ウイ。作者と同じで、今年の彼は「やれば出来る子!」を目指しておりますからね。
いつまでもヘタレな男の子ていてもらっても話進まなくて困るのでw


>ともかくちゃんと話せて良かったね…!
>(ほんとこれに尽きる、と思いますw)

そうそう。距離を近づける方法を模索しとったんですがw、前回のオチ、Bar帰りのべチ子さんとポールくんがバッタリ出会う、ってあのシーンが浮かんだ時に「これだっ!」と思いまして。
バッタリ会った時にはそれこそキャラの暴走でしてw、「何でここで会っちゃうかなあ(;_;)」なんて思ったりもしたんですけどね。
いい方向に暴走してくれて助かりました、はいw


>後半のミシェ子さんとミゲル兄さんのシーンも大変に美味でした~

あい~、ありがとんでごぜえます~。
ミゲル兄さんみたいな謎のサブキャラに黄色い声援頂けてほんと嬉しゅうございますよ。
彼は作者にとってもいまだに謎でw、なかなか心を開いて下さらないので実は書きにくい人物だったりもするんですが。


>むーん、ミゲル兄さんはひょっとして何か危ないお仕事なさってる的な雰囲気……?

(* ̄Oノ ̄*)をーっほっほっほ。それはまだ言われんなw
少なくとも夜中に「仕事だ」とか言っちゃうあたり、普通の仕事ではなさそーね。
いや、案外夜勤のある堅気のお仕事かもしんないよw
まあミゲル兄さんについては少しずつ素性が明かされていく予定なので、お楽しみにお待ちくだされ。


>ところで、カプチーノのお話。
>温度やミルクのキメ、色々作用するんだね、と目か鱗になりました。

これはマシンでエスプレッソいれたことがある方ならお分かり頂ける話かなと思うんだけど、粉焼けとかね、色々あるんですねw
蒸気を出すのは機械だけど、粉を詰めたりタッピングと呼ばれる作業をしたり、レバーを下げたり、と結局は人間の手で淹れるものだからね。
どうしても技術が必要になってくるお仕事かなあと思います。
完全に自動のマシンならまた話は別だけど。

しかしアタスも家ではミザリーなカプチーノしか飲めてませんよw
5日分くらいまとめてハンドドリップで濃い目に落としたコーヒーを朝レンチンしてw、泡立てたミルクと一緒にして自家製なんちゃってカプチーノにして飲んでますわ。
家庭用のエスプレッソマシンも持ってるけど使ってませんw←手入れがめんどくさくて放置!w

ちなみに家庭用のミルク泡立てる機械はねー、今のところスタ●で売ってるやつが一番モーターが強くて丈夫でオススメかなあ、と思います。
他の家電メーカーのやつはモーターも弱いし、大体1年でダメになるねw
買うならスタ●のやつがオススメ!パワーが違いますよ。



・・・っととと。
また長くなっちゃって(´Д`;)ヾ ドウモスミマセン
毎回ホントにありがとうございます。
ちょっと筆が乗ると途端にその後スランプに陥っちゃうのでどーなるかわかりませんが、
この調子で行けたらいいなあ、と。
またお暇な時にでもチラッ|・ω・`)と覗いてみてくだされ。

ではでは、べチ子さんのインスタなかなか発見できない管理人でした~www


NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS
"NORA" WROTE ALL ARTICLES. / PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC. /